25年ぶりの再会

こんにちは!

tabasaの日比野です!

日比野由美プロフィール→こちら

お休みをいただいて実家に帰ってきました。

今回はクラス会がありました。

それも小学校低学年の時のクラス。

私の小学校ではクラス替えが1回しかなく、123年生、456年生と同じ仲間で過ごします。

今回このクラス会を企画したのは私。

7月くらいに当時の担任の先生から電話があって、久しぶりに先生の声を聞きました。

先生の声はあの時のままで、なんだかとっても懐かしくて…。

そうだ!実家に帰って先生に会おう!
せっかくだから誰か誘って一緒に食事会でもしようかな。

そんなことから始まったこの企画。
地元に残っている仲間が沢山動いてくれて、あっという間に沢山の仲間が集まりました!!
本当に皆に感謝です。

25年ぶりに先生とご対面!!
小学3年生だった私達が大人になってるんですから…。
先生も皆も感激ですよね!!

お父さん・お母さんになっている人も沢山いて、なんか感慨深いです。

小学校低学年なんて、皆あんまり記憶ないかなぁと思って、実家に残してあった先生が手書きで作ってくれていた『おたより』や写真を持っていきました。
おたよりには先生が皆の日記を載せてくれていたり、当時の出来事が沢山書いてあって、本当に懐かしい事だらけ。


その中から 面白い日記をいくつか読んで、誰が書いた日記か『日記当てクイズ』を企画。

盛り上がったのはもちろんなんですが、何よりも皆がびっくりしたこと…

誰が書いたのか真っ先に当てたのが、先生だったって事!!!

先生、本当に私達一人一人の事覚えてくれていたんだなぁ、そしてすごくしっかり見てくれていたんだなぁと、本当に感激です!!
皆で話していたら、思出話、意外と沢山出てくるもんですねー。

「宿題忘れてお尻叩かれたよね、竹の棒で(笑)」

「あ、それ一メートル物差しじゃない?竹のやつ」

「たしかハムスター飼ったよね」

「それ逃げちゃって皆で探してさぁ~…」
そして、皆から出てきた言葉は、

「先生に教わって本当に良かった」

「あの時やってたことって、何気に今仕事でやってる事に繋がってたりするんだよなぁ。」

「厳しかったけど今に繋がる基礎をちゃんと作ってもらっていた」

こんな言葉ばかりでした。

小学生の子供がいる人からは、

「自分の子供の授業とか見てると、こんなんでいいのかな?と思っちゃう」

なんて言葉も。
時代は変わり、教育も変わっているようです。
私達は、宿題も沢山出してもらいました。

日記も毎日書きました。

忘れたら居残って書かされました。

ちゃんと宿題やってないとやり直しでした。

沢山厳しくしてもらいました。

沢山誉めてもらいました。

ただ一つ言える事は、あの時があったからこそ今の自分があるということ、本当に私達は先生の生徒で良かったと心から思えるということ。

おたよりを読んでいて思ったのが、先生はお家での教育についても沢山書いています。子供の為を思ってと、親に対しても厳しく書かれていました。

私達の事を本当に思って教育してくれた、情熱のある先生だったんだなぁと、本当にありがたく思いました!

こんな素敵な先生に出会えて、本当に私は幸せです!

先生、いつまでもお元気でいてくださいね!!

投稿者:

日比野 由美

吉祥寺の美容室 tabasa でスタイリスト&マネージャーをしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です